消費者金融の金利負担※賢く借りるキャッシング
※こちらのサイトは2015年9月7日時点の情報です。
店舗窓口・ATM情報は随時変更されるため、必ず公式サイトをご確認ください。

失敗しないキャッシングの選び方

消費者金融などのキャッシングサービスは一度カードを作っておけば、いざというときに便利なサービスですが、 お金が必要になるときって、やっぱり急なんですよね。
カードを作ったあとに『失敗した・・・』と後悔しないキャッシングの選び方を紹介しています。

キャッシングを選ぶポイントはなんといってもまずは金利の設定です。 大手の消費者金融ならかなり近い設定ですが、ポイントは上限金利の設定です。 はじめてのキャッシングの場合は上限金利が適用されることが多いからです。

あとは、返済しやすい環境が整っているかどうかです。 キャッシングは基本的に日割り計算で金利が決まるので1日でも借りている期間が短い方がいいです。 つまり、返しやすい環境が整っているかどうかはポイントになります。

審査は即日で完了する会社が多いですが、申込から融資までの流れを考えると、 急いでいるなら2社ほど選んで申込みしましょう。


リスト SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

はじめてキャッシングで利用できる30日間無利息サービスがあるプロミス。
本当に返済していけるかどうか不安な人もこのサービスで安心できます!金利設定も上限金利は業界でもトップクラスの安さ!!

リスト プロミスの詳細ページへGO!

リスト アコム

派遣やアルバイトでも申込可能なアコムは審査スピードがびっくりするくらい早い。
申込みから審査までではなくて、実際に振り込み融資されるまでのスピードが早いので急ぎの人にもおすすめです!

リスト アコムの詳細ページへGO!

リスト 新生銀行カードローン レイク

レイクは新生銀行のカードローン。銀行が運営しているので総量規制の対象外。
30日間と180日間選べる無利息融資サービスが人気ですが、提携ATMの利用手数料がゼロというのもポイントです!

リスト レイクの詳細ページへGO!


キャッシングの際の本人確認の書類


キャッシングをしようとするときにはどうしても書類が必要になります。いろいろとあるのですが、例えば収入証明です。どの程度の収入があるのかを公的に証明してくれる書類が必要になります。

例えば3ヵ月程度前以上からの給料明細とか或いは源泉徴収票です。更にいえば納税通知でもよいですし、もっとダイレクトに所得証明でもよいです。このあたりが公的に認められている収入を証明するための書類になります。

後は本人確認のためのものですが、こちらも色々とあります。最もわかりやすいのが運転免許証です。これがとても簡単に証明できますし、また相手としても極めてわかりやすいです。

後は国民健康保険証でもよいですし、或いは住民票でもよいです。こうした書類がありますから、用意しておくとよいです。そんなに難しいことではありませんし、基本的には簡単に貸してくれる可能性のほうが高いのです。

但し、さすがによく考えてから借りるようにしたほうがよいです。具体的にはやはり金利です。少しでも金利が安いところから借りるのが妥当といえます。焦ることはない、という状況であればどんどんいくつかの業者を比較していったほうがよいでしょう。それが少しでも得をするコツです。

増額申込みはどのタイミングだと良いか


キャッシングの審査は通ったものの限度額が予想より少なかったという場合、すぐにでも増額申し込みをしたくなりますが、すぐに申請しても100%通りません。

なぜならば現時点でのあなたの信用度合いはその金額と査定されているからです。増額申請を行うのは少なくとも半年以上開けてからが良いとされます。

その際、出来るだけ、少額を借りて毎月返済しているという実績が重要です。全く借りないと金融会社側は、限度額を増やしても借りてもらえないのではないか、と考えて増額してくれません。

一方で限度額一杯使ってしまっている場合は、増額してしまうと返済が滞るのではないかと考えて、これも増額申請が通りにくくなります。限度額の1割くらいの金額を借りて、毎月きちんと返済をすれば、金融会社側に返済の実績が残り、さらに元々限度枠に余裕があるところでの申請ということで審査の条件が当初の申込み時点と比べて有利になる可能性があるのです。

増額したい金額が当初の限度額よりも多ければ多いほど、この期間を半年よりも長くしていくとよりベターといえます。限度額を増額したい場合には、今すぐにでも借りられる金額を増やしたいという欲求をいましばらく封印して、こつこつと返済を続けることが一番重要といえるでしょう。

審査と総量規制について



消費者金融でお金を借りたいけど審査が不安、どれくらい借りられるのかわからないなど悩みがあると思います。そこで、消費者金融の審査などについて書きたいと思います。 この審査では様々なことが聞かれますが主なものとしては、職業と勤続年数、持ち家か賃貸か、賃貸なら家賃はどれくらいか、結婚しているか独身か、などかなり細かいことまで突っ込まれます。

これらのことを聞くのは、その人がちゃんと返済できる人かどうかを判断するためです。定職につかず何度もアパートを変えている人は、いつ連絡が取れなくなるかわからないので信用ができないかも、などと考えられてしまうのです。逆に言えば長く務めている人は、この先も安定した収入が見込めるので審査を通過しやすいです。とくに大手企業や公務員だとさらに信用度が上がると考えて良いでしょう。

これらのことから、安定した収入とその他の信用があれば、いろんなところからお金が借り放題かというとそういうわけではありません。お金を借りる場合、総量規制というものがあります。これは、借りることができる総額はその人の年収の3分の1までというルールです。つまりどんなに誠実で大企業に務めている人でも年収の3分の1を超える借り入れはできないのです。

ただしこれは逆に考えると年収があまり多くなく、家も賃貸で信用度があまり高くないかもという人でも年収の3分の1までなら審査を通過する希望があるということです。なので、借りられる額は決まっているようなものなのであとはきちんとした安定した生活をすることが大事だと言えます。

プロミスの様々なローンについて


プロミスと言えば大手消費者金融でもCMなどで有名なキャッシングですが、このプロミスには色々なローンのコースがあって自分の目的に沿って選べるのが特徴なのです。

まず一般的なコースとしてはフリーキャッシングがあります。最大500万円という限度額が利点ですが、それ以上に特徴的なのは主婦やアルバイトでも申し込みが可能という点だと思います。

勿論年収の1/3までという限度は付きますが、少額での申し込みならば収入証明が不要な上に即日融資が可能なのでかなり便利なのです。

次に挙げるのがおまとめローンです。こちらに関してはおまとめローンという枠組みなので総量規制対象外なので、年収の1/3以上でも借り入れができるようになっています。多くのお金の申し込みがあるため収入証明が必要だったり審査の厳しさは多少難しくなりますが、それでも銀行ローンなどと比べると十分に通りやすいものなので便利になっています。

さらには最近有名になってきた目的別ローンというのもプロミスには用意されています。こちらは目的用途を届けるために、多少は利息がお安くなるので用途が決まっている場合にはこちらを選ぶのが良いと思います。後は自営業の方への専用なカードローンがあります。自営業などの場合には収入の不安定さから銀行での借り入れはかなり難しくなりますが、このプロミスの場合には条件が揃っていれば即日融資ができるというので、そのスピーディーさで自営業の人にはかなり魅力的なローンとなっています。

このようにプロミス一つとっても色々なローンがあるので、目的別に選ぶのが良いと思います。

クリック 今から近くの無人機まで行きますか?
【プロミス】なら24時間スマホで申込み可能!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
リスト